2018-08-05

風呂場の蛇口をなおした

ジャグジーの蛇口を、ね

こわれた

4年近く住んでる家の風呂場の蛇口が壊れた。 症状としては「止まる」の位置に回しても水が止まらない、というもの。

ググった結果、切替弁がどうやら劣化したらしい。 まずは様子を見るために元栓を閉じてから、蛇口を分解する。

・・・分解できなかった。ネジが錆びて回らない。 オタクゆえの筋肉の無さが原因かもしれない。理由はともかく、ネジが回らない。 仮にネジが回ったところでその先を分解するにはレンチも必要そうだった。 というわけ買い出しへ。 ネジザウルス(ネジを回す工具)とモンキーレンチを購入。 それぞれ1000~2000円ぐらい。

修理に取り掛かってすぐにわかった。オタクに必要なのは筋肉ではなく工具の力だった。普段押下圧45gのキーボードしか触らないオタクでも錆びたネジを簡単に回すことができた。 大声で叫ぶ勢いで力を入れても回らなかった、あのネジが、いともたやすく回ってしまった。なんともえげつない工具だ。 ネジを外し、切替ハンドルを外したのち、モンキーレンチで固定具を外して切替弁とご対面。

きたね〜〜!!

こいつを新品のものと取り替える。品番を調べAmazonで購入、3000円ぐらい。箱の中には説明書もついており、親切。 あとはこれを差し替えるだけ。 途中歯車みたいな部品が錆びついてて外れないトラブルに見舞われたが、ハンマーで衝撃を与えたら外すことができた。 めでたし、こうして工事が完了した。

作業自体はネジの一つ二つ外して部品を取り替えるだけで、5分もあれば終わる。これだけなら自作PCとか組み立てるほうがよっぽど難しい。 ただ、原因特定だったりネジがはずれないといったイレギュラー、それに伴う試行錯誤、買い出し諸々を含めるとそれなりの手間と時間がかかってしまった。

業者路線と比べてどうか

業者だと1万円は超えそうな雰囲気。自分で直せば交換部品分の3000円ちょい。 金額だけ見れば自分で直すのが良さそうだが、 ネジが外れなくて工具を買いに行ったりのイレギュラーが発生すると間違いなく面倒で、 原因の特定、修理方法を調べるのに消費した時間を考慮するとどっちが良いかは状況による。 ぶっちゃけ金で殴れるなら黙って業者に頼んだ方が圧倒的に楽だろう。ただ、体験としてはおもしろかった。蛇口ってこうなってるのね、みたいなのがわかったりする。